2012年11月20日

愛果28号(まどんな)熟れました

 こんばんは 土居です。

先日伊予市の生産者だったか・・・?のニュースで

「紅まどんな」の収穫をはじめたそうです。

Img_1265_2

種苗法の関係で松山中央農協が販売するとき

「紅まどんな」を使ってもいいのですが、

他の販売者は「愛果28号」か

ブランド名を勝手に付けての販売となります。

Img_1262

我が社では「愛媛まどんな」としています。

我が家のまどんなも、完着(完全着色)となりました。

Img_1264

一つキズ着いたのがあったので

試しに切ってみました。

Img_1272

これは14日なので、まだ少し酸が高いようでした。

Img_1273

でも、食感はゼリーの様にプルプルで

他の品種には無いものでした。

やっぱり前宣伝どおりの旨さ!

 楽しみです!

posted by きなはいや at 12:42| Comment(0) | みかんについて

2011年06月08日

逆転の発想!晩柑の食べ方

  少しづつ雨の降る梅雨に、新しいミカンの食べ方を To You!

Sさんに教えて貰ったものを、御存知晩柑を例にご紹介します。

110608225731

スイカの様に上下のヘタを切ります。

110608225747

残った皮の縦に切れ目を入れてムキ易くします。

110608225802

皮をムイて内袋を分離します。

110608225816

背中の部分を切ります。これが逆転の発想!

110608225831

並べるとこうなります。

110608225844

ボリューム感は無くなりますが、実離れもよく無駄になりません。
クルリと剥がして食べて見てください!
食べる人の手も汚れにくいのが嬉しい!

どうぞお試し下さい!  土居でした。

posted by きなはいや at 14:00| Comment(0) | みかんについて

2011年06月06日

まどんなの棘を折る

   カラリト晴れた今日の予定は、朝一で南水の本管の修理をする予定でしたが、
破損の状態が素人では手に負えないものだったので、プロに任せる事にしました。


よって、まどんなの棘をヤッツケル事にしました。(一部しか出来ないけど)

110606215517

今年で二年目の苗木ですが、サスガ勢いの良い品種だからか
全部の枝からではありませんが、棘がでています。


昨年の様に、5センチもあるようなのはもう皆無です。
でも、本数は格段に増えているので全部に処理が可能かどうか???

110606215533

1〜2センチ、あるかないかの棘ですが枝を支柱に縛る作業などでは、手に刺さります。
今なら、固まりきってはいないので指の先で上手に折ると折れます
下手をすれば、指に刺さります。
長いのは鋏で摘みます。

110606215551

棘が年々と短くなり、やがてホトンド気にならない様になるのはうれしいのですが、
それは樹勢(木の勢い)の低下を表してますので寂しい事です。
成熟といえば聞こえはいいのですが
人間もそうありたいものですネ。

         土居でした。

posted by きなはいや at 12:56| Comment(0) | みかんについて

2010年07月30日

夏は生き物の活発な季節、植物も、どうぶつも又然り・・・

  夏は生き物の活発な季節、植物も、どうぶつも又然り・・・。

お陰で、ミカン園の雑草は先日の雨も貰って生え茂り
害虫も飛び交
う始末。
でも、悪い事ばかりではないんですヨ、ミカンも順調に育ってます

100721225408_2

この伸びた緑の葉には、アゲハの幼虫がよく付きまといます。
黄色いゴマ大の卵を産む為に、親アゲハが葉にとまります。
羽を細かく震わせ、尻尾をクット曲げていると葉の先に卵があります。
幼虫の生まれたては茶色です。
  100730223003
100730222951

これは産まれたてでは無いですネ、数日経っていると思います。
葉のクネクネ模様も別の害虫の被害なんですが、これは後日説明します。
アゲハはミカンが好きなんですね、若い芽には必ずと云って良いほど取り付きます。
防除をしなければモンシロチョウの取り付いたキャベツの様に喰われてしまいます。
筋だけが残ります
それで、若い木にはアゲハと、この模様の専用の防除をします。
結構キツイ薬剤です。
昔はタバコのニコチンを使っていましたが、今は法律で使えません。
  100730223016

100730223027

この茶色い幼虫は数回脱皮をして緑色になり、蛹になって蝶に変化します。
全く別物のようです。
撮れたらまたご紹介しますネ。

100730223037

温州ミカンに付くアゲハは黄アゲハがホトンドです。
伊予柑などの雑柑類に付くものには、黒色のアゲハもタマニあります。
黒いアゲハの蛹には角が一本しかありません。黄アゲハのそれは二本。

これも対照が出来た時にご紹介します。お楽しみに・・・。

            土居でした。

posted by きなはいや at 12:36| Comment(0) | みかんについて

2010年01月28日

丹精込めてます!柑露蜜柑

日月金の土居です。
今日は臨時で木曜の出番です・

柑露蜜柑 ご存知ですよネ!

年末に温州みかんに袋掛けしました。
100128193938_2

実が小さいので独立した実は一つづつ、包める時には三つマデハ一袋に包めます。
手はカジカムし、針金で手は突き刺すし、ナカナカ進みません。
これも旨い蜜柑を食べて頂くため・・・。
木の勢いを保つために、全部の実を残す訳ではありません。

100128193958

も降り、も吹き、メジロ や ヒヨ などの鳥にも食われ、
残ったものを最近収穫しました。

収穫は袋ごと一回切り離し、持ち帰ります。
それを一つ一つ軸をきり直し、袋から取り出します。
中で腐ったり、傷んだりしたものもあります。
傷んだものを食べてみると、おいしいです。
100128194043

袋は来年も使えそうなモノはしまっておきます。
(節約、節約)

結局、袋掛けの時点から残ったものは
六割位でしょうか。
こうして生き残った蜜柑は、皆様の元に届けられます。
柑露蜜柑 どうぞご賞味下さい。

土居でした。

posted by きなはいや at 02:12| Comment(0) | みかんについて