2013年08月31日

最悪コースの台風は去った

  こんばんは 土居です。

この時期の脅威の一つに台風がありますが、

今度のは、当地が進路に向かって右側にあたり

被害が懸念されていました。

幸い勢力が弱まり、ホトンド被害も無く一安心。

Img_2913

そんな、未だ猛暑の中秋を見つけました。

そうです、赤トンボです。

Img_2909 

今年は猛暑日の連続で、見かけるトンボは

夏の黄色いトンボばかりでした。

当然赤とんぼの登場は先だと思っていました。

Img_2911

25日前後の待望の雨で気温がグッと下がり、

赤トンボの登場となったのでしょう。

雨のお陰でミカンは喜んだ訳ですが、

雑草も伸びて草退治にも多忙です。

Img_2910

まだまだ暑く忙しい毎日ですが、

赤トンボは一服の清涼剤となって

癒してくれます。

posted by きなはいや at 12:58| Comment(0) | 季節の話題

2013年08月29日

ミカン山は ”ホッ” と一息

  こんばんは 土居です。

昨週末からの雨でミカン山の渇きは一息つきました。

本当によかった。

皆様にもご心配を頂いて、ありがとうございました。

Img_2905

時を待たないミカン山では、時期が来たので

精気の戻った園地に防除を行いました。

Img_2904

渇きが心配された時期を過ぎれば、

台風や長雨が心配される時期がやってきます。

難敵がやってくれば、何にでも対策を講じていきます。

Img_2901

サテ、これは何の絵かといいますと

雨不足で弱ったミカンの木から落ちた葉っぱです。

沢山見えます・・・。

ご紹介したように、渇きの限界を超えた葉は

こうして落ちてしまいます。

Img_2902

木は葉を落としたり、実を萎びらせたりして

木の命を伸ばそうとするのです。

ダメージを最小限にしようと、

木にとって一番の方法を見つけるようです。

Img_2903

posted by きなはいや at 13:26| Comment(0) | みかん山

2013年08月27日

甘平(かんぺい)裂果・・・更にマドンナも

  こんばんは 土居です。

24日・25日・26日にかけて、丁度よい雨が降りました。

農家の待ちに待った雨です。

Img_2894

「これは何じゃ?」と思われるでしょうが

久しぶりの雨で濡れた、水分のある黒い畑の土なんです。

こんな絵を出す事になるなんて・・・。

この雨でミカンの木はホット一息ついたのですが、

実はそれなりのダメージを受けています。

これからの天候が楽しみです。

でも、今年は甘〜いミカンが出来そうですヨ!

さて一方、かの 「かんぺい」なんです。

Img_2895

充分な水を吸って、またまた裂果の山です。

一本の木で20個以上割れたものも・・・。

皮の薄い事の裏返しなので、しょうがないですネ。

Img_2896 

ただ、この割れ方を見て下さい。

普通裂果は縦に割れますが、

これは縦にも真横にも割れます。

ホントに皮が薄いのですネ。

Img_2892

これはマドンンナですが、ホンノ数個割れていました。

やはり急に中身が太ったのですネ。

posted by きなはいや at 13:11| Comment(0) | みかん山

2013年08月24日

ミカン山の渇きは限界!

  こんにちは 土居です。

ミカン山は渇きの限界に来ています。

Img_2889

このぐらいの葉の萎れならまだ回復の余地はありますが、

Img_2887

ここに見える巻いた葉や、茶色く見える葉は、

危機を迎えています。

葉が限界を迎えると水をやっても戻りません。

Img_2890_2

ここで見える茶色く見える葉は限界を超えた葉です。

後は落ちるだけです。

Img_2888

ここでは小枝ごと枯れています。

ここから更に進むと、枯れる枝が

徐々に太くなってきます。

そして、更にそれが進むと木が枯れます。

でもミカンの木は渇きに強いです。

容易には枯れません。

あ、ミカンの実は当然水分が抜けて

”フニャッ”とっ柔らかくなっていますヨ。

農家は手で灌水したり、

南予用水で灌水したりしています。

Img_2846

用水の制御盤を夜中に見回って

異常が起きていないか確認します。

Img_2847

電気の点いていない時は不気味です。

posted by きなはいや at 03:06| Comment(0) | みかん山

2013年08月20日

夕方は農作業が楽!

  こんばんは 土居です。

更に暑い日は続いております。

夏バテなど、ないですか?

Img_2832

暑いのは慣れませんネー。

日陰の園地を選んでは作業をするのですが、

どうしても陽には当たってしまいます。

日向で作業の肉体労働者、エライ!

Img_2829

この様に日が陰ってからの作業は、

日向と違ってトテモ楽です。

早朝、日の出る前も楽でしょうが

私は夜中熟睡できず、早起きが苦手です。

Img_2830

陽が落ちてからは、とても楽になります。

手作業で苗木周りの草を引いてみました。

向こうの山は未だに陽が当たって明るいですが、

この園地は陰っています。

Img_2831

夕方は日の入りがキレイです。

昼間の暑さも一息です。

Img_2828

posted by きなはいや at 13:07| Comment(0) | みかん山