2011年08月31日

みかんの糖度

吹く風に秋の訪れを感じる頃になりました。

この時期になると、身の回りに起こる季節の変化に心さびしい思いを持ち

就寝前のひと時、鈴虫のリーン・・・・リーンと鳴く声が心を慰めてくれます。

来月半ばになるといよいよ極早生みかんの販売が始まります。

今年の作柄はどうか ・・・心配になる時期です。

糖度と酸度をはかって見ると

110831091351

昨年と同様 糖度も酸も高い結果になっております。

このまま秋雨が少なければ、今年も昨年同様おいしいみかんをお届けできそうです。

  清家久万夫

posted by きなはいや at 00:14| Comment(0) | 未分類

2011年08月25日

美味しい方がいいけど…。

先日、社内の打ち合わせがありました。

110826112706

議題は、みかんシーズンを前にいろいろな確認。
インターネットサイトに関することなどなど。

そして、いつも話に出るのが、みかんの樹オーナーで収穫されるみかんについて。
オーナー制度は、プロの厳しい目で美味しい実をつける樹を選んで、オーナーになって頂き、
その木から収穫されたみかんをお届けする制度。

みかんの味を知り尽くしたプロが選ぶのだから、当然美味しいみかんが収穫できます。
でも、100%かというとー。
その年の天候や、収穫間近に雪が降ったり、台風が来たり、いろいろな理由で
思ったようにならないこともあります。

そこで悩むのです。
オーナーの樹で取れたみかんが、生産者自身の納得いくものでなくても、
それをお届けするべきか。
それとも、美味しいみかんをお届けするのがいいのか。

…多分、自分で手塩にかけた作物なら、どんなでもきっとかわいいし、
お友達に分けてあげたりしたくなると思います。
でも、オーナー制度はどうだろう…。

そのことが、いつも話に出ます。
でも、答えは出ません。

posted by きなはいや at 12:26| Comment(0) | 南四国ファーム

2011年08月20日

仕上げ摘果が始まります

今日は秋雨前線が南下し雨がぱらついております。

過ごしやすい一日になりそうです。

ことしのみかんの作柄は、当初予想していたより全国的に少なめです。

今から収穫まで仕上げ摘果で忙しくなります。

110820151524

最近の異常気象によりみかん栽培はむつかしくなりました。

以前はみかんの収穫時期になると、気温が下がり乾燥しておいしいみかんが生産できておりましたが

最近は秋の高温と降雨によりみかんの味が低下する場合があります。

それを防ぐため、摘果を遅らせ木にストレスをかけるのです。

風すれの障害果、奇形果、小さい果実を取り除きます。

110820151414

我が家では山の倉庫でクロネコを飼っております。

作業を始めるとクロが手伝いにやって来ます。

110820151344

糖度を計ってみると8から9度あります。
収穫が楽しみです。


  清家久万夫

posted by きなはいや at 06:15| Comment(0) | 未分類

2011年08月14日

吉田きなはいや

お盆に入り 帰省客が多くなっております。

直売所の方もお客様が増え、13日は3kgの大きいカツオの販売がありました。

高知沖で捕れたものです。

新しいので刺身で食べるのが美味しいようです。

110814104125

当地ではカツオを刺身で食べる習慣があまり無かったのですが

新鮮なかつおを販売するようになってから刺身が定着しました。

今年も暑いのでスイカがよく売れます。

暑い時はスイカにかぎりますね。

   清家久万夫

posted by きなはいや at 01:42| Comment(0) | 未分類

2011年08月11日

脱藩の道

天狗高原の帰り道、

梼原町で龍馬ふるさと出会い博が開催されていました。

ご存知のように坂本龍馬は高知城下から梼原を経由して

伊予長浜から海路で脱藩しております。

110811142315

その途中梼原で一泊して、当地の同志の手助けを得て無事脱藩しております。

梼原は山深い山村です。

昔から遠くより訪れた旅人をもてなす「客人信仰」があるようです。

110811142423

 幕末、志半ばで亡くなった吉村虎太郎を含む六名の志士が祀られており

多くの方が若くして亡くなっております。

110811142350

 又、当地は武市半平太の妻の富が、半平太亡きあと家を再興した所でもあります。

四国には「お接待」と言う習慣があります。

現在でも四国遍路をされる方々にお茶や産物をさし上げ、旅の疲れを癒してもおうと

いう習慣です。

一度四国へおこし下さい。


  清家久万夫

posted by きなはいや at 05:24| Comment(0) | 未分類