2010年11月30日

マンボウ!潮彩館へ行って来ました

 今年も、自家用の温州ミカンのジュースを絞る時期になって来ました。
昨日の予約で、今日の順番が取れたので、都合もよかったので、早速行って来ました。
昨年より、西予市三瓶町の道の駅潮彩館へ行っています。

   101130171932





晴れの今日、途中の宇和町は霧に包まれていました。
住民の方は慣れているかもしれませんが、晴れた日に長いトンネルを抜けると突然の霧!
ビックリしましたが、晴れた日はこうなんだそうです。

ジュース原料のミカンを持って潮彩館へ行って見ると、「11時位には出来ますよ」と言われ
少し悩んだ末に待つことにしました。

さて、何をしよう?
先ず、マンボウを見ました。ここはマンボウで有名なんです。(でも、一匹)
101130171410

慣れていて水に手をつけると寄って来ます。
餌をやって見ると、手から食べてくれます。
101130171421

101130171443



ただ、たった一匹なので淋しくないかと心配でしたが、見物客が友達かな?
この水槽にタイも一匹、居るにはいましたが・・・。

101130171454

水槽の壁の一箇所がアクリルになっていて、泳ぎが横から見られます。

101130171504

こうして見ると、よく絵で見るマンボウです。

101130171514

ゆるい潮の流れがありますが、それにさえ流されているようでした。
客の顔を見ると近寄って来る、人なつっこいマンボウ君でした。

11時までには、まだまだ時間があります、サテどこへ行こう?
続きは後日

          土居でした。

posted by きなはいや at 06:25| Comment(0) | 吉田町近辺の風景

2010年11月29日

今年のミカンは割れ易い!=ウマイ

今日は久々の出荷作業日常生活を実感しました。

101129224012

これが選果台に載った早生ミカンです。
時に、ミカンを載せすぎてこの台から転げ落ちる事があります。
僅か70センチほどの高さですが、落ちたミカンは精品には入れません。
今年は、この落ちたミカンがよく割れます
いつもは割れる事はあまりありませんし、南柑20号になると品種的に割れにくいのです。

101129223041




何故割れるのか?
それは皮が薄いからです。
つまり、ウマイという事です。
今年の夏の干ばつが応えているのです。

101129223052

新鮮だという事もあるでしょうが、雨が多い年は皮が比較的厚いので割れ難いのです。
つまり、今年は皮の薄いウマイ蜜柑ができています。
でも、干ばつが応えて味が濃すぎて、酸っぱいと感じる方もおられます。
そういう場合は、涼しい場所に少し放置してから、お食べ下さい。
蜜柑は、保存する場合、密閉して大事に保存すると皮がきれいなままです。
皮がきれいという事は呼吸するので、中の水分が蒸散されて中身はシワクチャになります。
皮が皺を持つ様に保存すると、中身は水分が保持されてウマイままです。
試してみて下さい。シワクチャの蜜柑を剥いだら、うまかった事ありませんか?

101129223104

落ち方によって割れる場所もイロイロです。

101129223131



みかんもイヨイヨ最盛期を迎えています。


              土居でした。

posted by きなはいや at 06:19| Comment(0) | 南四国ファーム

2010年11月28日

貿易センタービルからの眺望

  25日のユッタリした東京見物の一幕
電車での移動の間は、目をつぶれば眠ってしまう有様でした。
一時はビルの展望台の花形であった、「貿易センタービル」に昇って見ました。

101128225651




何たってこれですヨ、これ 「スカイツリー

101128225640



これと「東京タワー」を見比べて見たかったんです。

101128225715
ところが、東京タワーは近すぎて高さは比べる事は出来ませんでした。
タワーの足元の増上寺がクッキリと見えます。

スカイツリーはまだまだ伸びるようですが、スゴイもんですネー。
ただ闇雲に鉄をつなげればいいってもんじゃー無いンデスヨネ!
今、東京タワーを見てもスゴイと思うのに・・・。

101128225749


これは「アークヒルズ」にマサに着陸しようとしているヘリコプタ−です。
決定的瞬間を撮ってしまいました。
東京には、よくヘリの爆音が鳴り響きます。

海側には「フジTV」などのお台場が見えます。
赤白のアンテナの右側に、お椀の着いたビルが見えます。
101128225737


忘れてましたが、日本の中枢・国会議事堂もビルの陰からチラッと見えました。

101128225628


このビルの足元には、TVで何回か見た事のある、日本庭園が二つ並んであります。
こちらは「浜離宮」の方です。芝離宮と並んでます。
101128225545



最後に、数日前にビルの中で販売をした、汐留センタ−ビルも眺めました。
101128225613



真ん中のクリーム色のビルの向こうの、緑がかったビルがそうです。
東京はスゴイもんです、人が溢れています。
年に一回位は行ってもいいかな?

          今はまた、自然の中で過ごしている土居でした。
posted by きなはいや at 06:16| Comment(0) | 南四国ファーム

2010年11月26日

解放された一日:空港にて

  仕事が無い、昨日25日の一日は、宿の隣の築地本願寺の参拝から始まった。
宿の窓を開ければ墓地が真下に見える立地で、通用門が真横にあって、
正門が地下鉄駅のまん前なので、通るに異論はあるまい。
ただ通るには申し訳ないので、参拝もさせて頂いた。

暫くぶりの「瀬戸内旬彩館」(愛媛と香川のアンテナショップ:新橋)
少し早いが讃岐うどんを食べると、昔と違って次々とお客が入って来る
確か以前は店員が暇を持て余していた。

会社の製品を確かめて、カツテの花形展望台、貿易センタービルに行く。
東京タワーとスカイツリーを見比べたかった。

でも、これは後日にして、今日はその先、話題の国際線に急ごう!

   101126222616



ANAの駅二つも手前の、国際線ターミナル、新品の気配がプンプンする。
どこかの国がミサイルを打ったからか、国際線だからか警官が沢山居る。
だが、ホトンド道案内に使われるようで、私も三回も聞いてしまった。

お客さんは多くが見学者みたいだった。

101126222638


展望デッキも隙間の無いほど並んでいるし、売店も行列だらけ。
江戸調のベンチや町並みにも人が一杯。
展望デッキから珍しいものが見えたので出しておこう。

101126222603

















かなり大きいと思うがハネバシの様に見える
違っていたらゴメンナサイ。

国際線のボードは勿論、行き先も来た所も外国ばかり。
101126222649

チョット見えにくかったかな?I am sorry・
見学も飽きて来たので国内線へ行こうと思うと、無料バスがあるという看板
覚えておくといいですヨ
101126222701



物は試しと並ぶと、ドンドンお客が増える。
どうしても一台では無理やな、と思っていると何台か来た。
さすが、オープンしたてである。

東京へお越しの説は是非ドウゾ

   今日は久々の家で過ごせた土居でした。

posted by きなはいや at 06:10| Comment(0) | 南四国ファーム

2010年11月25日

銀座よりの報告2

  昨夜早くから休んだお陰か、疲れも取れた24日、ウィークデーの販売
少し寒いが天気は晴れ、よかった。

ウィークデーのせいか売りに難儀、午後になってから、人の流れが多くなり徐々に売れる。
今回はビルの横での販売で、人の流れが少ない事もあるのか?

夕方、残りそうなミカンはパンフレットと共に配布した。

片づけを終えて、皆さんに挨拶をし、島原蒲鉾サン・宮成サンと「日本の…」へ。
「日本の…」とは、日本各地の優れた食材を集め、政・財・官の関係者やビジネスマンに、
地域文化と共に食≠提供する場をつくろうと、吉沢保幸氏が、丸の内国際ビルB1に設置している。

101125075103


早速我が「南四国ファーム」のミカンがお出迎え。

101125075114




この店では5~6箇所の提携の産地のものが紹介されている。
「日本の…」の他にも「十勝の…」など後継もできつつあるそう・・・。

101125075126




入り口は日本風でありながら、中はテーブル席で洋風のシャレたつくり。
各地の食材が楽しめる。

101125075139


飲食街には「帝劇地下街」の名前がつけられている、丸の内国際ビルの地下

101125075035
南四国のレモンもいいが、こんなものもありました。

101125075149

ナント! 「甲府鳥モツ煮」
B級グルNO1の甘目の濃い味が評判でした。

宿へ帰るとそのまま寝てしまいました。
報告が送れました。

              土居でした。

posted by きなはいや at 06:06| Comment(0) | 南四国ファーム