2010年05月31日

スクスク育ってます!

  金土日月の土居です。

 なかなか初夏の陽気にもなりませんが、様々なものが育っています。
これまでご紹介したものの経過を、まとめてご報告します。

 枇杷被害の加害者は寒さではなく、やはり鳥だったようです。
散らかり方が鳥のばら撒きのようであったこと・他所で寒害が見られ無い事などが根拠です。
100531213129

  100531213152

傷付いたものは、野生では動物の餌食になります。ここではです。
木にまでも登ってくるんですね。それだけ貴重な餌となるのでしょうか?
間引きをした枇杷は鳥にやられたので、残った間引きをしなかったものは
ご覧のように小さく熟れています。
でも、小さいものは甘いんですよ。食べたらとても甘かったです。
果実全般この傾向はあります。

 次はキジです。
傘をさしてやったらと言ってくださった方もいましたが、自然の中で
目立つのも困るのでただじっと見守っています。
各地で土砂崩れを起こした大雨にもめげずに、抱卵を続けていました

100531213112



両方共親鳥が中央に写っています。下のは尾羽が左に出ていますよネ。
邪魔をしないように写さないといけないので、ハッキリとしないのはご勘弁下さい。
観察を続けていきます。

次は花梨です。

  100531213251

前回からあまり変化が無いように見えますが、指と比較して下さい、大きくなっていますよネ。

  100531213320
100531213335  
注目したいのは下の二枚なんです。
上のは果実が大きくなっていますが、したのは花が咲いた跡は残っているのに
実が成らずに落ちてしまっています
なぜ?
受粉しなかったのか?受粉しても木の生理現象で実が落ちたのか?
枝の位置や高さ、木の年齢などで実の成り方は変わって来ます。
これが自然の神秘なんでしょう。

最後は謎の卵です。
コウノトリの報道で見たのですが、
カラスはクチバシでクワエテ簡単に鳥の卵を運んでいました
これもカラスかな?と確信にも似た予想が成り立ちました。デスヨネ?

これからも観察を続けます。

土居でした。
posted by きなはいや at 12:02| Comment(0) | みかん山

2010年05月30日

松野町の逆さ公孫樹(イチョウ)

  金土日月の土居です。

連休に人の居ない所を目指した、松野町奥の川地区の逆さ公孫樹(イチョウ)
をご紹介します。以前銀杏と表現していましたが、公孫樹が正しい表現でした。
   100530115910

100530115812


松野町奥の川の遊鶴羽(ゆずりは)地区の薬師堂にある大きなイチョウの木です。
以前、棚田をご紹介しましたが実はそこの5百メートルほど手前にありました。

奥の川という地名ではありますが、半島部の先に位置する我が住家と比べても日当たりのよい
平地もあって住みやすい環境であるように感じました。

   100530115927  

100530115942

人と比べるとその大きさが分かると思います。

100530120023

看板には、いわれが書いてあります。僧とは当然弘法大師空海の事でしょう。

奥の川・蕨生(わらびお)・奥内(おくうち)・遊鶴羽(ゆずりは)など
何とも含みのある地名が揃っているではありませんか!

100530120056

100530120111

姿を眺めていると、多分何回も伸び梢が風や雷で折れ、そこから又伸びた枝が何本も出て
こうなったんだろうと思うと、長年の歴史を感じました。

幹なんかも、こんなに太いイチョウは初めて見ました。
ちなみに、幹の柵に立っているのは ミキ といいます。(本当に)

100530130237


ここにも、うぐいすが鳴きやまない里がありました。

土居でした。

posted by きなはいや at 11:57| Comment(0) | 吉田町近辺の風景

2010年05月29日

ミカン苗つくりを御紹介します

 金土日月の土居です。

 一般的に、ミカンの苗木は一年生を購入し・一年間仮植床で太らせて
次の年に定植
します。
昨日のブログのとおりです。ミカンの苗木を一から育てるのは大変なので購入するのです。

ミカンの苗木を自分でつくると、
接木の野菜苗と同じ様に、台木に穂木を接木して出た芽を伸ばします。

台木の最も多い品種はカラタチ(枳殻・キコク)で、
穂木は早生・20号・ポンカン・河内晩柑等々、様々で、思う様に選択できます。

ミカンの苗木を一から育てるのは大変ですが、久しぶりに今我が畑ではそれを敢えてやっています。
  100527215228

100527215243

これは今年、台木のカラタチに穂木を接いだところです。(少し穂木が大きいですが)

  100527215317

足が写っている写真は、撮り忘れたキコクの姿を再現したものです。(切ったものを挿した)
キコクはカラタチともいい、垣根などにしていることもある、トゲトゲのミカン類です。
このトゲトゲは刺さるととても痛いです。毒があるかと思う位ズキズキと傷みます。
野イバラのトゲも大変痛いです。実感しないと分かりませんけどネ。

  100527215341

実はここまで来るのに二年掛かっています。
つまり、キコクの種を春にまいて一年太らせ、移植してから又一年太らせたものに、
今年穂木を接いだのです。
来年の春には、うまくいけば一年生のミカンの苗木ができます。
それを移植して仮植床で一年太らせて定植すれば、キコクの種を蒔いてから五年目にやっと定植です。
だからミカン苗を購入するんです。(一年生を定植する人もあります)

私も沢山のミカン苗を植えて、そして枯らしたり草刈機で刈ったりしたものも多くあります。
大事に育てたいと思います。

posted by きなはいや at 11:50| Comment(0) | みかん山

2010年05月28日

話題のタロッコの苗が育っています

  金土日月の土居です。

最近話題の タロッコ という品種をご存知ですか?
  100218170332

ポリフェノールたっぷりの赤い果汁の甘いみかんです。

我が家でもタロッコの苗木を一年生で購入しました。
一年間、仮の苗床で生長させて、来年の春に定植の予定です。
100527212900   
100527212912
綺麗な新芽が伸びています。近いうちに防除をする予定です。

  100527212933

手の平にあるのは新芽の先です。
これを伸ばしたい方向の葉の所でちぎってやると、芽の出る方向が制御できます。

100527213011
処理が終わっています。これで新芽の成長も早くなります。

来年植えるまで、草と虫などとの闘いです。
小さい時に手が掛かるのは動物も植物も同じです。
しっかり育てたいと思います。

土居でした。
posted by きなはいや at 11:46| Comment(0) | みかん山

2010年05月26日

ファーム・エイド銀座を紹介します

ファーム・エイド銀座2010」は4月28・29日の開催でした。
当日もブログで紹介しましたし、1ヶ月もたって紹介もないのですが
ファーム・エイド銀座の終了後、打ち上げでみかんジュースを使ったカクテルを作っていただき、作り方を教えてもらっていたので、今頃になってですが作ってみました。

まずは、当日の様子も、もう一度(前は写メールでしたが、今度はデジカメなので少しはきれいでしょうか)
100526163957

宇和島の牛鬼も銀座にやってきていました(東京の方には珍しいんでしょうね)
100526164013

お客様にもたくさん来ていただき、盛況でよかったです。
右側の写真の方は、ずっと以前より南四国ファームの柑橘類を、よくお買い求めいただいている伊達様です。
イベントの数日前にも、南四国ファームにご注文のお電話をいただいたので、「ファーム・エイド銀座2010」の話をしたら、当日会場に来て頂きました(有難うございました)
伊達様は宇和島出身で、名前から想像すると宇和島伊達藩主のお殿様の家系に関係があるのでしょうか?
    100526164033

当日のイベント終了後の打ち上げで、日本バーテンダー協会 専務理事 岸 久様に南四国ファームのみかんクラブNo.1ジュースを使ってカクテルを作って頂き会場の皆様にも試飲していただいたそうです。
みかんジュースと河内晩柑の生しぼりでつくったそうですが、岸様にカクテルによく合うと言って頂きました。

100526164129

100526164145



それで今日は、ジンを購入してみかんクラブNo.1ジュース河内晩柑ジュースを使ってカクテルを作ってみました(私が作ったので作り方は適当ですが・・・)
みかんジュース3:ジン1の割合で作ってみました。みかんの香りがよくて、甘くておいしかったです。
女性向のカクテルのようです。
100526164203

河内晩柑ジュースの方は、ジュース3:ジン1ではジンが弱いのでジュース2:ジン1くらいが
ちょうどよかったです。河内晩柑はさっぱりしていて飲みやすく、いくらでも飲めそうです。
100526164903

イベントで宇和島産かんきつを使ったカクテルが好評だったそうで、その後も東京の「にっぽんの・・・」
のお店で、販売しているそうです。
詳しくはにっぽんの・・・さんのホームページをご覧下さい。http://www.nipponno.com
posted by きなはいや at 11:42| Comment(0) | 南四国ファーム